SSブログ
前の3件 | -

大鵬 [食文化]

4321.JPG


中国四川料理掛け値なしに旨い。お店は大衆食堂のようなテーブルの並び方である。定食もあり、一品料理も。なれるまで何度来なければなるまい。フロアーは日本語、戦場キッチンは中国語。客は日本人みたい。店の飲み方で言われる紹興酒を戴く。お店への礼儀であろう。勿論この雰囲気ではマオタイも。周恩来総理と田中角栄首相を思い浮かべながら。本物の人たちと本物を戴く。ここの主人も本物の中国人料理人である。あふれる自信は、一流のシェフの証であろう。食は中国にあり。味は四川にあり。香は大鵬にある。ここに居れば、日本料理もなく、フレンチも思いださない。四川料理に浸れる、馴染みになって、本物を注文できるようになりたい。食には中国人のエネルギーを感じる。偉大な人民である。


4322.JPG


4324.JPG


4323.JPG


4327.JPG


4328.JPG


4330.JPG


4331.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

お相伴 [日本文化]

5702.JPG


今頃はみんな台所坂下で待ち合わせだろう。有り難い誘いであるが、都合がつかない。そのうちまとめてお相伴しましょう。お茶友とは京の茶会で長いおつきあいである。有り難い先生方である。師弟関係もなく、ややこしい縁もない、一期一会の思い遣りのある先生方である。いつまでも大切にしたいものである。
  短冊に 一期一会の 君の名を
                   あおざかな

共通テーマ:趣味・カルチャー

ありがとう [日本文化]

4311.JPG


新春、初釜は心新たに、先生方とお会いする楽しいときである。言祝ぐという言葉がふさわしい祝いの席である。席主のお気持ちが寄りつき掛け物尋牛齋、本席掛け物即中齋に現れている。、高座するものにとっては身の引き締まる想いである。表流の初釜ではぶりぶり香合も楽しみです。席主は日本舞踊の名手であるとも聞く。今日の一席も主役は立派なお道具組みと素晴らしい居ずまいの席主との出会い、お話である。正客と席主の話を静かに聞く、静かにお薄を戴く。いい茶会である。


4312.JPG


4313.JPG


4314.JPG


4315.JPG


4316.JPG


4317.JPG


4321.JPG




共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -