SSブログ

あおざかな3 [散歩]

0167.JPG


 俳句短歌など縁もゆかりもなく。いろいろな出会いのなかで気がつくものなのであろうか。そんなところにあったか。あったっけ。自由な時間ができるようになると、嘘のないこころが文化を見つける。嘘をつかない人が好きだ。きのおけない人たちがうるさくていい。人の思いやりがうれしく、5,7,5のきっかかけか。その人なりの俳句を教わりたいものだ。いまはただ茶をすすっている。いい時間だ。いい時間が過ぎる。思いやりに浸れる、今生きている。句にしたいものだ。鯛やヒラメは口に入ってこないが、青魚そうあおざかなら口に入る。名をあおざかなと称するか。季節のなかで自分を見つめて自分を楽しむも俳句なのだろう。


0175.JPG


0202.JPG
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

churaumi

角川の
歳時記求め
春めぐる
         あおざかな

by churaumi (2020-05-12 11:58) 

churaumi

梅雨空に
雫をためる
名無し草
       あおざかな
by churaumi (2020-06-28 11:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。