SSブログ

ありがとう [日本文化]

4311.JPG


新春、初釜は心新たに、先生方とお会いする楽しいときである。言祝ぐという言葉がふさわしい祝いの席である。席主のお気持ちが寄りつき掛け物尋牛齋、本席掛け物即中齋に現れている。、高座するものにとっては身の引き締まる想いである。表流の初釜ではぶりぶり香合も楽しみです。席主は日本舞踊の名手であるとも聞く。今日の一席も主役は立派なお道具組みと素晴らしい居ずまいの席主との出会い、お話である。正客と席主の話を静かに聞く、静かにお薄を戴く。いい茶会である。


4312.JPG


4313.JPG


4314.JPG


4315.JPG


4316.JPG


4317.JPG


4321.JPG